忘れない手帖

個人的に忘れてしまいそうなことを綴る

自分の人事評価がまるわかり

課長になって元上司からサーバーにあるファイルを引き継いだところ、自分の人事考課がそのまま保存してあり、元上司の間抜けさが改めて露呈するとともに、一体どんな評価がつけられてきたのか読んでみた。もちろん、自分の評価だし、現在それを閲覧する立場にあるので問題ない。

私が今の部署に配属されてから2年目(今から5年前)の記録から保存されてた。
A〜Eの5段階。

5年前 上期B 下期C

この頃は、上期:広い視野を持ち企画力はあるがケアレスミスが多いとコメントされている。下期:必死さが足りない、業務について期限を守り取り組むことができていないとある。この時、私に与えられていた仕事は今現在派遣さんがやっている、文房具の発注、作業服の発注、人事情報の活用方法チームである。これをどう工夫して良くしたらいいのか未だに分からない。C評価のため賞与が下がりかつ全社員に出るはずの報奨金も出ずなぜですかと上司に事情聴取すると、隣の課の男とチームを組まされていた人事情報の活用について、男が全く仕事をしなかったのにも関わらず私が仕事を全くしないというメールを男が上司に送っているということが発覚。この下期のC評価が覆ることもなく、単純にその男のメールを信じた上司とその男をいつか奈落に突き落としてやると誓いそのままで半年以上煮えたぎる思い出仕事をしてた。ちなみにこのチームはそれきり解消された。もともと誰とも合わない男だったし口も聞きたくなかったのでちょうどよかった。
ここで仕事があまりにも面白くないのでそのまた上司の部長に、大学に行き直す宣言をし、本当に大学に編入した。ここから学業と仕事の両立が始まる。

4年前 上期B 下期B 

この時の上司コメント、上期:当社社員には稀な企画力やアイディアの提案力がある。新しい取り組みについても臆せず取り組むとある。下期:引き継ぎを受け健康管理や勤怠管理についての取り組みを積極的に社内へ展開したことは評価するとある。引き続き煮えたぎる思いで仕事をした結果、不要な不動産をいくつか売り払うという提案をし販管費を大幅に削減したのが評価されB評価に戻る。しかし、B評価に戻るも一旦C評価をいただいたため連続Bとは違い若干賞与も当初水準に戻らず改めて上司に「もとに戻んないじゃねーかよどーしてくれるんだよ」と悪態を本気でついてた。そんな時遠く離れた同期は相変わらずA評価をもらい、賞与額はどんどん離れていき、もうどうしたらいいのか分からないながらも異動により衛生面での仕事を与えられたことによりちょっと仕事自体がおもしろくなってきて、全社に向けて発信するような仕事をすることになっていく。
大学に入り直してから急に仕事も忙しくなる。

3年前 上期B 下期B

この時の上司コメントは上期下期ともに他者への良い影響力を持つ稀有な存在と書かれている。ここで憎たらしいアホ上司が異動になる。この異動の連絡を受けた夜、友達に会って本気で嬉し泣きをしたのを覚えている。ほんとに嬉しかった。このアホ上司がいなかったら仕事はもっと楽しいと思ってた。そして課全体からも嫌われていたのでみんなでの送別会はそりゃー盛大にお祝いした。
入り直した大学も卒業し、次の美大に編入、この会社にいる間は大学と二足のわらじを履き続けると決める。

2年前 上期B 下期B

新しい上司がやってきて見た目がナイス・ガイだったこと、以前経理でお世話になったことがありその時の一瞬の印象が良かったのもあり、みんなも良い人がやってきた!と喜ぶ。が、3ヶ月もするとあれ?様子がおかしいぞと気づく。そう、この上司は本当に仕事をしないクソ野郎だったのだ。。。。女好きというのもあり、ヘタレだったのもあり、従来からの評価を覆すこともできず、上期下期がBなのはたいして考えて評価していないからであろう。産前産後で半年以上取った同僚がA評価で、毎日通ってた私がBというのにも納得できずヤケクソになる。新しい上司は本人もちょろいので休みもバンバン取りやすかったというのもあり、美大の実習は平日休めて通いやすかった。

1年前 上期B 下期B

上司コメント:マネジャー昇格を見据えた若年層への指導を評価するとある。バーカバーカ、課長のお前がまったく面倒みないからだろと思う。
そう、このブログにも書いたクソ上司が来年はマネジャーに昇格だよと言いながらもすぐさま却下を受けた悪夢の年。ほんとうに意味がわからなかった年。課長自身が自滅して大変だった年。そしてこの年にマネジャーになれなかったら来年課長以上に昇格していなかったら会社を辞めようと決めていた。12月頃から転職活動をしようと決めて内定までもらったけど、年度ギリギリにマネジャーに昇格し、役職を拝命した年。

結局わたしは一回もA評価は取れてないってことがわかった。
これって結構くやしいよ。

昇格しなかった去年3月から1年後の現在

昇格するって言われたあと一ヶ月後にやっぱり昇格なしって言われた1年前の日記
bjournal.hatenablog.com

私は何も頼んでいないのに、「4月から昇格するからね」と告げられ、その1ヶ月後に「やっぱり昇格しない」と言われた1年前、よっぽど頭に来ていたらしく、ブログを立ち上げて忘れないようにしようと誓ったのだ。

その1年後の現在、
くしくも同じタイミングで日記を書いているのだけど、昨日昇格する連絡が内密にあり、去年と違うところは更に管理職にもつかせてやるぞという内容だったこと。

しかし、自分のやりたい仕事をやろうということで1月くらいから転職活動を本格的に行っていてほぼほぼ条件提示を待つところまで来ている会社が2社あるわけで、なんというか、あれだけ熱心にアプローチしていたのに振り向いてくれない女の子を諦めたらとたんに向こうからアピールしてきたみたいな展開になっている(私は女だけども)。

礼儀として条件提示を待っている企業様にはちゃんと丁寧にお詫び対応したい。

今回は上司からでなくトップから正式に昇進の話があったのでしばらくは管理職の経歴を作ることを目標に今の会社で踏ん張ってみようと思う。昇進とか言いながら今までやったことない業務の部署を担当するのでほんとにしんどいのには変わらないんだけど、上の方がそれを承知で言ってきているのでトライすること自体に意味があると思うことにする。

これから2年くらいは死ぬと思う。

抱負から1ヶ月後

2018年の抱負を以前書いたけれどどれくらい何が続いているか確認してみる。

抱負を書いた記事はこちら↓
bjournal.hatenablog.com

できていないこと

・5キロ痩せる、ジムに通う 
 →すごい食べちゃってる、いろいろな事が上手く行ってなさすぎて食べてる
統計学を修める
 →そんな時間なかった
・23時30分には寝る、5時30分には起きる
 →あー全くできてない。日中できてないことを夜にまわして悪循環中

できていること
・周囲の人に優しくする(特に家族)/挨拶をする、ありがとうを言う 
 →メンタルコンディションが悪い割にはコントロールできていると思う
・無駄な付き合いはしない、気が進まない人と一緒にいない、無礼な人には対応しない
 →頑張って飲み会を断っているし、幹事を若い人に振ることもできた
TOEIC850点 毎日英語を勉強する
 →毎日通勤中もお昼休みも単語の勉強を欠かさずやっている、ただ眠くなる、試験は3月11日に申し込んである
・条件の良い、後ろ向きでない転職 ※転職するまで現在の仕事の手は抜かない
 →まあまあ応募して、面接に進んだりしているけど進度が遅い、6つ応募5つ書類通過3つ1次面接調整中2つ2次面接準備中

できないことを毎日始めなくちゃって思ってはおります。

痒かった右のシミ照射後

12月に書いた両こめかみのシミをレーザー照射した後1年後の日記の時に、右の照射後はうっすらピンク色をしていたとなっていた件(長い)、その後1ヶ月後の現在はどうなったかというと、


肌色になりました!!!!!


もともとシミではなく痒くてかいてしまっていて色がついて見えたっぽいです。
はじめっからクリニックでいただいていた軟膏をぬっていればこんなに時間かかんなかったなと後悔しきりです。
というわけで、すっぴんでもシミのない肌をキープ中。

もし、どこのクリニックにかかったのか聞きたいという方がいらしたら何かしらアクションをお願いします。
友達にも勧めていて友達も結果が出ているのでいいところなんだなーと思ってます。

2018年 TO DO

  • 条件の良い、後ろ向きでない転職 ※転職するまで現在の仕事の手は抜かない
  • TOEIC850点 英語を毎日やる
  • 5キロ痩せる、ジムに通う
  • 周囲の人に優しくする(特に家族)
  • 挨拶をする、ありがとうを言う
  • 無駄な付き合いはしない、気が進まない人と一緒にいない、無礼な人には対応しない
  • 23時30分には寝る、5時30分には起きる

ここ1年直属上司の壊れっぷり悩んでいたが、その件について仕事納めギリギリにブチョー様と同意見だった話

今年平成28年1月頃直属上司にマネジャー昇格を告げられ、その数週間後にはマネジャー昇格はやっぱりなしの謎の昇格するする詐欺に遭い最悪の年明けだったわけですが、その後も上司がゆるやかに壊れていき、ここ数ヶ月は目に見えて行動がおかしく、部門長であるブチョーに打ち明けましたところ、俺もそう思ってたという見解の一致を得ましたので備忘としてここへ書いておくのと、全世界へ発信して厄落としとし、新年を迎える決意をいたしました。

冒頭の、人事についての発言撤回についてのみでも、もう私の直属上司がいかにポンコツかお分かりかと思いますが、ここ数ヶ月は観察するとどこかおかしいのでないかと心配になる事件が勃発でした。

いくつか挙げてみる。

・スケジュール管理や段取りができなくなった
取締役会や監査役会の通知について、日時を間違えて発信する。第三者に間違いを指摘されても訂正連絡を入れないまま当日を迎える。当日の段取りをすっかり忘れる。

・突飛な発言をする
2ヶ月前に始めればよい1年後の会社行事の段取りを指示しはじめる。当然みんな「え?1年後の話ですか?」って顔で見る。

・場違いな行動を取る
文字通り呼ばれていない会議にいそいそと支度して出席して呼んでいないと言われ退出する。
突然、他人の業務を仕切り出し、勝手に役員へ決定事項のようなメールをする。

・納期を守らない、仕事をスルーする
他部署からの依頼、ブチョーからの依頼を完全にスルーしている。
したがって納期に間に合わない。
他の仕事をしているわけでもない、一体何をやっているのかわからない。


ダメ人間だったならば納得する内容も、度合いがちょっとずつ増しているところから意を決してブチョーに相談をする。着任当初からちょっとのミスはあったけど、課長職だしあまり言わないようにしてた、しかし最近は(上記のようなことが頻発していて)どうしたのかと思っていたとのこと。なーんだ同じことを思っていたんですね。

私はもともと1月の件で大嫌いになっていたため、その後も憎悪からそう見えるのかと思いきや、第三者にもおかしな行動が認識されているようで安心した。課長自体は自業自得なところがあるので特に心配はしていないのだけど、こんなぶっ壊れているやつの部下として2年くらい無駄にした時間がもったいない。取り返す意味でも、ブチョーには今後奴の下で仕事はしません、ブチョーからの指示だけ受けます(しかももう課長なしで仕事してますしね)という宣言をするのでありました。めげずに真面目にやってからこそ、ブチョーも話を聞いてくれたと思う、ちゃんとやってきて本当に良かった。

さあ、これから新年3日まではキラキラした気分で過ごせる。
遊び倒してやる!!!!!

シミをレーザーで取ってから353日目

去年の今頃(2016年12月29日)両こめかみにあった1センチくらいのシミをYAGレーザーを照射した話の続き。

その時の症状の詳細は過去ページをみていただくとして、ざっくり一年経過として改めて確認しますと、10日目に取れた左のこめかみはその後もキレイにシミのない肌をキープしています。取りづらかった右のこめかみは、その後半年後の夏頃から照射した部分が痒くなり、薄い皮膚ができては剥がれるというのを繰り返すようになり、どうしたんだと思い職場から近い皮膚科にかかったところ、ロコイド軟膏を塗っておけば治ると言われ、そういえばもともとレーザー照射してもらった皮膚科からも同じ軟膏をもらってた!と気付き塗り始めたところすぐに痒みが消え、脱皮も収まり、現在、本当に薄いピンク色をしております。

この右側のうすいピンクの部分が今後どうなるのかは不明なので、元のかかった皮膚科に行ってそろそろ顔全体のフォトを照射したいなと思っているのでその時に相談してみようと思う。1年経過すればまたレーザー照射も可能ですとまえに言われていたしね。

定期的にフォトで小さいシミを消していくというのがおすすめかなー
顔全体でも1万円くらいで十分効果がありますし、お金を稼いでこまめにメンテっす。